2013年05月28日

10 角の大きさ 小学校4年生算数(6)

今日の「角の大きさ」の学習は、
(3次元学習ソフト http://3dedusoft.com/detail.html から抜粋)
(1)小学校算数4年生
F問題と応用「計算で角度を求める−三角定規がつくる角度」
(2)小学校4年生算数問題集  から ■角度 の
@AB計算で角度を求める−1、−2、−3
D 三角定規の作る角度は何度ですか。 1)4題   2)4題 3)3題(4題中)

を行いました。

三角定規で並んで重ねて作られる角度を求める問題です。三角定規の30°、60°、45°、90°を単純に足したり、引いたりして計算で求める学習です。

女の子は、あてずっぽうで答えを出してしまうと、どうしても間違ってしまいます。

それを「式に書いて」と促して、式を書いて、計算をして、という順番で、ようやく、正解するようになりました。

続いて、問題集の三角形のつくる角度を計算で求める問題で、
三角定規を重ねて、三角定規の30°、60°、45°、90°が直接重なるところではなく、
三角定規の辺同士が交わってできる角度を計算で求める問題です。

女の子は「わからない」と即座に答えました。
「あてずっぽう」で答えなかったことに、私は、驚きました。

答えは、重なっている三角形に注目し、
その三角形の角には、三角定規の30°、45°があること、
そして、三角形の角の和が180°であることから、
180−30−45=105 という計算で求めます。

3次元学習ソフトにはこのような問題が8題ありますが、今日の学習は、4題行いました。

始めは、「わからない」と戸惑っていましたが、4題目は、答えを導き出す事ができました。
しかし、女の子は、不思議そうな顔をしています。しっくりしないのでしょう。

ほんとうに不思議なのでしょう。
思考の始まりについたばかりです。ゆっくり学習していきましょう。
posted by 3dedusoft at 06:41| Comment(0) | 教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: