2013年05月21日

3 TED スーパープレゼンテーション 教育学者 スガタ・ミトラ(3)

(スガタ・ミトラ)
子どもたちはやり方を知りたいと思うと、それを学習するのです

この「知りたい」は、単なる物の存在でなく、
物同士の関連性や原理や原因や理由に結びついていると思います。
だから、「学習」ということにつながり、創造的な活動・行動になっていくものと思います。

(スガタ・ミトラ)
子どもたちがパソコンで自分の歌を録音しました。
初めてパソコンに触れて、4時間でできました。

関連性や原理を考えて、行動し、関連する次のものを創り出しているのです。
このころの子どもたちには、物の存在を単に覚えていくという最初の「脳」の成長の次に現れてくる「考える脳」の成長が始まっているからではないかと思います。

参考サイト
http://3dedusoft.com/ 
posted by 3dedusoft at 06:49| Comment(0) | 教育