2013年05月20日

2 TED スーパープレゼンテーション 教育学者 スガタ・ミトラ(2)

今回は、教育学者 スガタ・ミトラ Mr. Sugata Mitra さんのプレゼンテーションから、十歳の壁との関連で述べてみます。

プレゼンテーションの最初の話(私がメモしたことからの抜粋で、すべてではありません)を書き連ねてみます。

The children –driven education 子どもたちは自ら学ぶ  これは番組のタイトルです。

12年前、・・・発展途上国が対象・・・
良い教師が行きたがらない地域がある。こういう地域は荒れている。
良い教師は最も必要とされる地域には行かない。

スラム街の壁に1台のパソコンを設置した
(壁にパソコンの大きさ程の穴を開けて、道端に向けてモニターとキーボードを設置し、壁の外から操作できるようにした)。

子どもたちは学校に行けず、パソコンは初めて。ネットなんて知らない。
子どもは興味があれば、自然と学ぶということです。

8歳の男の子は、6歳の女の子に教える。

プレゼンの出だしは、こうでした。

これから推測すると、

文字を知らない子達がパソコンに文字を打ち出し、ネット検索をした。

おそらく、8歳の男の子が文字をなんとか自力で学習し、キーボードの打ち方も自力で学習し、ネット検索のしかたも自力で学習し、それを女の子に教えた。

女の子も男の子の教えを学んで、学習し、文字とネット検索のしかたを学んだことになる。

これはびっくりする事ではない。本当にこうで、私自身も経験したことです。

3次元学習ソフトを展示したときのことです。
展示ですから、簡単な操作方法だけを説明しただけです。

小学校1年生の男の子がパイプ椅子に3時間以上もすわって見続け、さらに高校生に天体の話をしたりしました。
私は小学校1年生の男の子に天体の説明を全くしていませんでした。

中学生の男の子は立ちっぱなしで、3時間かけて理科の3次元学習ソフトをすべて見てしまったのです。
この時も、理科の説明は全くしていません。

私が「わかる?」と声をかけると、「はい、わかります」と答え、
ときどき、「あっ、そうか」と小さな声を発します。

3次元学習ソフトの操作方法は単純で
左マウス 回転
右マウス 縮小、拡大
左右マウス 移動
だけで、
文字や絵をクリックすると、アニメーションが動作するだけですから・・・。

下記のサイトで、雲が動いている地球をマウス操作することができます。
http://3dedusoft.com/ 

しかし、学校教育になると、こんな状況は一変してしまい、子どもたちはなぜか萎縮してしますのです。
学校では、パソコン使用に考えられない制限をかけているからです。
(いわき市はパソコン利用を推進しているが、ひどかった。今もひどいかは不明。他の市町村も同様?不明です)

これが、私が3次元学習ソフトWEB http://3dedusoft.com/ の開設、
マス・サイエンス学習室
http://3dedusoft.com/group/gakusyu/index.html 
を行っている一つの理由でもあるのです。
(十歳の壁の打破です)
posted by 3dedusoft at 05:23| Comment(0) | 教育