2013年05月08日

8 角の大きさ 小学校4年生算数(4)

今回の学習も、「ブラインドタッチ」から始めた。
「たちつてと」「なにぬねの」「はひふへほ」です。

だんだんブラインドタッチが様になってきました。
しかし、どうしても、まちがいが出てします。

「ゆっくり打って、まちがいないように」と言っても、間違ってしまうのです。
ブラインドタッチが様になってきているのに、ゆっくり打っても間違ってしまうのです。

今までは、打つまでがなかなかたいへんだった(時間がかかった)。
頭と手がなかなかうまく連動せず、時間がかかり、しかも間違ってしまうという現象です。

しかし、ブラインドタッチが様になってきたのに、頭と手が連動して動いている状態に近くなっているのに、頭と手が勝手に間違ってしまうのです。

そこで、一文字一文字、私の声に合わせてゆっくり打たせました。すると、間違いはないのです。

次に、連続で「たちつてと」と打たせると、何回か打っているうちに、前の状態に戻ってしますのです。間違ってしまうのです。

女の子は、間違いが多いと意識的にゆっくりと打つようになります。
すると、間違いなく「たちつてと」と打てます。
間違いない「たちつてと」が3回続いたところで、ブラインドタッチの学習を終らせました。

自分の意識で、間違いなく打てるという意識を植え付けさせたいからです。

「できれさすればいい」という思考(十歳の壁の大きな原因)をやめさせたいからです。

すなわち、打ち間違いの理由は、「勘で打ってしまう」ことです。
あてずっぽう、なのです。

「あてずっぽう」は、十歳の壁にまっしぐら路線です。

これを「心」と「脳」に植えつけることは、ぜひとも避けるべきです。

このように、十歳の壁に遭遇しないためには、早くから、対策する必要があるのです。

今日の「角の大きさ」の学習は、
(3次元学習ソフト http://3dedusoft.com/detail.html から抜粋)
(1)小学校算数4年生
   F問題と応用「計算で角度を求める」です
(2)小学校4年生算数問題集
   ■ 角度
    @AB計算で角度を求める−1、−2、−3
    D 三角定規の作る角度は何度ですか。 1)4題   2)4題
この勉強の様子については、次回に行います。

マス・サイエンス学習室 http://3dedusoft.com/group/gakusyu/index.html 
posted by 3dedusoft at 05:16| Comment(0) | 教育