2013年02月28日

マス・サイエンス学習室に大パノラマ写真(いわき市平・小名浜)

IMG_1304.JPG
マス・サイエンス学習室にパノラマ写真を飾りました。
2009年7月に撮影したパノラマ写真です。

上から順に
◎磐城七浜捕鯨絵巻(小名浜の部):
いわき市に保管されている江戸時代に描かれた巻物。現在のいわき市小名浜からいわき市久ノ浜までの海岸線が描かれている大きな巻物です。これはその一部の小名浜の部分を複写したものです。
◎いわき市平
 湯の岳、水石山を背景にいわき駅を中心にした大パノラマで、海まで見えます。
◎いわき市小名浜(陸のほうから)
 小名浜の西側から港や三崎方面を見たパノラマです。マリンタワーを中心に、
西は工場地 帯、東は鹿島街道の岡小名までの大パノラマです。
◎いわき市小名浜(三崎から)
テレビなど良く見られる小名浜漁港と湯の岳を中心にしたパノラマです。東は三崎公園途中までの岡と西は工場地帯までの大パノラマです。

このパノラマを見ると、私はいつも雄大な気持ちになります。心がゆったりとしてきます。
平地区での湯の岳と水石山を背景に首を振らずに見えるこのパノラマは私のお気に入りです。

小名浜を陸の方からのパノラマは私には見た事のない景色でした。私は、漁港近くに生まれ、育ったため、この方角からの意識は全くありませんでした。どこか、別の地区にきたような錯覚を覚えたものです。

小名浜を三崎からみたパノラマは、小さいころから見ている見慣れた風景です。

これら三つの大パノラマを一同に見る事ができると、心が広くなります。

ここに学習室にきた子どもたちに、自然に、俯瞰的な見方や考え方を習慣つけて欲しいと思って、このパノラマを飾りました。
俯瞰的な意識は、宇宙飛行士が宇宙から地球を見ているように、心に余裕を持たせてくれるものと思っています。子どもたちの成長を期待して。
posted by 3dedusoft at 06:35| Comment(0) | 日記

2013年02月27日

マス・サイエンス学習室について(2)

学習室においては、教科書をベースにした学習を行います。
しかし、教科書そのものを行うのではありません。具体的に言うと、

教科書に書かれている内容(真髄、より深い基礎の真髄)を、
絵や図や概念図やアニメーションで学ぶのです。

例えば、分数は、ビーカーを使った絵で、学びます。
分数の足し算、引き算もビーカーを絵に描いて、学習します。

そして、次に、実際に、教科書に取り組むのです。

具体的には、教科書の例題、教科書の問題、そして、教科書の章末問題という順番に。
この後は、各自持っている問題集をやるか、私が独自に用意した問題をやるか、です。

3次元学習ソフトは、絵や図や概念図やアニメーションが豊富にあるので、この学習をできるのです。

学習者は、絵や図や概念図やアニメーションを一行ずつ、一絵ずつ、
アニメーションの動きを一つずつ、確認しながら、学習していきます。

3次元学習ソフトのアニメーションは、途中で停止して、
3次元をぐるぐる回転していろいろな方向から見る事ができるので、
このような学習ができるのです。

「文章題ができないのは、イメージができなから」と言われます。
この学習室では、はじめから、算数を絵で学ぶのです。

これが、2つのソウゾウ性(想像性と創造性)への第一歩なのです。

参考サイト
http://3dedusoft.com/virtualharmony/pnf/pdf/gakusyuusitu25.pdf 


posted by 3dedusoft at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月23日

マス・サイエンス学習室について(1)


来月3月16日(土)からマス・サイエンス学習室の新年度の開始です。
今までは、3次元学習ソフトの開発にたいへん励んでいました。理科と小学校の算数までしかなかったからです。
しかし、高校入試問題をはじめ、昨年度から中学3年数学の「相似」、「三平方の定理」、「円(円周角)」の製作が思った以上に進み、その効果も非常に大きかったことから、中学数学のコンテンツ製作に見通しが立ち、このまま開発・製作をしていくことになりました。
来年度からは、コンテンツ製作ばかりでなく、実際に生徒さんたちを教えるということにより一層力を注いでいきたいと感じです。

算数を図、絵、概念図、アニメーションで思考することからはじめ、論理的思考や数式から先を見通すことを学習し、いわゆる2つのソウゾウ性、想像性・創造性を伸ばすという学習室です。

これは、現代のように、コンピュータの技術が進歩し、それに伴って、グラフィックとアニメーションの技術が格段に進歩したから、可能になったことです。
しかし、現在行われている教育は、学校・塾をはじめ、前近代の黒板における板書の方法しかありません。この現在においても。これが、結局、暗記と反復しか方法がなくなってしまうのです。


参考サイト(学習室の募集チラシ)
http://3dedusoft.com/virtualharmony/pnf/pdf/gakusyuusitu25.pdf 

posted by 3dedusoft at 13:59| Comment(0) | 日記